ブログ Blog

2022.06.18

効率よく覚える方法


こんにちは、進学塾プログレスです。

今回は「効率の良い暗記方法」を書いていこうと思います!

①体を動かす(五感を使う)
②広く浅く、何回も

【①体を動かす(五感を使う)】について
これは「目で見る」「手を動かす(書く)」「声に出す」というやり方。
眠くなってしまうという人は声に出す時に一度立ってみるのもありです。

覚えるということは事柄を「脳に刻み込む」ということです。
そのときに色々な出来事が関連付けられている程、記憶は定着し易く、忘れにくいものになります。


【②広く浅く、何回も】について
これは意外に思われる方も多いのですが、実は狭い範囲を集中的に覚えるよりも、広く浅くを何度も繰り返す方が覚えやすいという実験結果が出ています。

記憶することは「ペンキ塗り」に似ています。一部分を集中的に塗ることにこだわるよりも、多少雑だったとしても全体を何度も塗る方が記憶は維持し易いのです。


つまり【一夜漬けは最も効率が悪く点数に繋がりにくい行為】だということが分かりますね。
1日に5時間勉強して覚えるよりも、1時間ずつ5日間かけて勉強するほうが遥かに効率的なのです。
カテゴリ:学習について

- CafeLog -