ブログ Blog

2022.09.03

【褒める】人の良いところを言おう


こんにちは、進学塾プログレスです。

その人がいないところで悪口を言ってしまう。
悲しいことですが、そういうことは学校でもお仕事をしている場でもあり得るお話です。

それは人間の構造的に仕方がなく、共通の敵(おおげさですが)を作ることで逆に仲間意識や絆を深めるといった作用があるのです。

しかし、残念ながらそれは一時的なものです。
他人を悪く言うことで得た仲間意識というものは、結局はふとしたことで失くなってしまいます。

では実際、どうすれば良いのか。
それは『その人のいない所で、その人の良いところを言う』です。

他人のあら探しをするのではなく、良いところを見つけて褒める練習をすれば結果として人間関係も良くなります。

何より人の良いところを褒めて喜ぶ姿というのは、見ているこちらも嬉しい気持ちになります。

もし人間関係で悩んでいる人がいたら、是非、心掛けてみてください!
カテゴリ:つぶやき
2022.08.31

毎日食べているもの


こんにちは、進学塾プログレスです。

今日のお話は雑談です。全く勉強に関係ないですし、完全に私個人のお話なので面白くないです!

しかし…それでも大丈夫だという方は以下にお進み下さい。


それでは、私が毎日何を食べて生活しているかをお話していきましょう。
先に言っておきますが、オチも何もないです(しつこい)。


『鶏むね肉300g、玉ねぎ半分、ニンジン半分、シイタケ2コ』
これらをミキサーした後に炊飯器に突っ込み、お米2合と共に炊き上げます。

これをお昼から夜までの間に4回ほどの分けて食べています。
夜は魚を焼いて食べます。


以上です。
もうかれこれ3年程この食事生活で、減量時にはお米を減らしたり(末期には完全にゼロ)して調整します。あ、後はもちろんプロテインや足りない栄養素はサプリメントを摂ったりしています。

トレーニングしつつ、食事制限などもしていると本当に体の調子が良くなります。
昔は酷い肩凝りに悩まされたりしていたのですが、それも全くなくなりました。

ちなみに、一番好きな食べ物はマクドナルドです(台無し)!
カテゴリ:つぶやき
2022.08.27

【偉人のお話】ウォルト・ディズニー


こんにちは、進学塾プログレスです。

今日はあのウォルト・ディズニーのお話をしたいと思います。
誰もが知っているミッキーマウス。

しかしながら、あのミッキーマウスが生まれるまでは多くの苦労を乗り越えてきた歴史があったことを、皆さん知っていますか?

会社の倒産、社員の裏切り、資金難…
そういった苦しみを乗り越え、最後のチャレンジとして取り組まれたのがディズニーランドでした。

「世界に想像力があるかぎり成長しつづける」
というコンセプトの通り、今なお世界中の人々を魅了し続けるディズニーランド。


その創設者であるウォルト・ディズニーはこんな名言を残しています。
『いい時も悪い時も人生に対する熱意をうしなったことはない』


情熱に満ち溢れた、最高に前向きな言葉だと思います。
辛いときにも夢を見ることを諦めず、今なお人々を笑顔にし続けることが出来る人の言葉には、心を打たれるものがあります。

一時的に辛いことがあった時も、決してくじけずにこの言葉を思い出して頑張りたいですね!
カテゴリ:つぶやき
2022.08.26

絵が下手だったお話


こんにちは、進学塾プログレスです。

実は絵を描くことが下手です(現在進行形)。
車を描いて下さいと言われたら、物凄くペッタンコの車になります。
ドラ〇もんの絵を描いたら生徒に「オバケ!」とビックリされることなんてザラです。

数学のグラフや図形問題などの幾何学模様を描くのは仕事上可能なのですが、芸術的センスがないのでしょうか、いわゆる絵心というものが全く育まれてこなかったタイプの人間です。

小学校のときに動物の絵を描いて提出する授業があったのですが、クマの絵を描いて(顔がどう見ても人間)提出し、何度も再提出をさせられた記憶があります。

提出が終わった生徒から外に出てボール遊びをして良いのですが、教室に最後まで残った私。
そんな私に先生がかけた最後の言葉は今でも忘れません。

先生:「(キミにはクマが)こう見えたんやな?」
幼い頃の私:「はいッ(それ以上うまく描けません)!!」

そしてそこには元気よく教室を飛び出してボール遊びに興じる私が居ました。
しかし、恐らくがクラスで一番絵が下手だったであろう事実は覆しようがありません。

絵を描くことが上手な人。恐らくは物凄く努力されているのでしょう。
でもクマを描いた際に顔が人間になってしまうようなレベルの人間からすれば、つい心の底から羨ましいと思ってしまいます。
カテゴリ:つぶやき
2022.08.24

【難しい】後悔しない選択


こんにちは、進学塾プログレスです。

人生には、大きな選択や小さな選択を選ばなければならないことが山ほどあります。
中学生、中には小学生も「受験」という大きな選択肢を選ぶ時期があります。

『後悔しないように』と慎重になることも多いですが、それと同じくらい「やっぱり〇〇にしておけば良かった~!」と後悔してしまうことも多いです。

中々難しい話ですが、100%後悔しないで済む方法は、恐らくないでしょう。
人間は選んだ選択肢を「やっぱり自分の選んだ道は正しかった!」と思い込むことも多いようですが、個人的には実はそれで良いんじゃないかなと思います。

どっちが正しいかなんて、分からないことの方が圧倒的に多いです。
もちろん自分にとって良さそうな方を一生懸命考えることも大事ですが、選んだ道のその先を一生懸命頑張って「やっぱり選んで良かった!」と言えることの方が大事な気がします。

偉そうなことを言ってますが、実は自分は物凄く優柔不断です。
「とんかつ弁当」にするか「からあげ弁当」にするかをお店の前で小一時間悩んでしまいます。

結局タイトルとは逆のことを言っていますが、後悔しない選択をするということよりも、選んだ先を一生懸命頑張る・良かったといえるようにすることの方が大事!ということです。
カテゴリ:つぶやき

- CafeLog -