ブログ Blog

2024.06.11

なぜ日常的にトレーニングしているのか


こんにちは、進学塾プログレスです。


生徒にたまに聞かれるのが
『なんでそんなに頑張ってトレーニングしてるの?』
『先生って鍛えないといけないの?』
といったお話。


以前にも言ったかも(書いたかも)しれませんが
自己管理を出来ていないといけない人間が


「人様に上から偉そうに指導をしたり
ましてや他人を管理出来るわけがない」


というのが持論です。
まあ、偉そうにして良いというワケではないですが(笑)


大人・子供に関わらず、何かを学ぶ際に
「納得すること」は最優先に大事なことです。


そして、子供相手にもっともらしいことを言って
誤魔化したりするのは、私自身、本当に嫌で


『きちんと筋を通したい』
という思いが常にあります。


また、自分を厳しく律している姿勢というものは
たとえ子供たち相手でも十分に伝わります。


その程度には子供は大人を厳しい目で見ているし
一度信用出来ないと判断を下した大人の言葉には
やがて見向きもしないようになっていきます。


そうならないように心がけよう、とする第一歩が
自分にとっての日常的なトレーニングです。


「今日はいいや」と自分に甘えず
自己管理し、体型維持をし
そして健康的な精神状態を維持する。


それが指導者としての最低限の在り方じゃないかなと
常日頃、自分を戒めています。
カテゴリ:つぶやき
2024.06.04

読書最高!


こんにちは、進学塾プログレスです。


ここ最近、読書にハマっています。
生徒に勧められて、ある本を読んだことを皮切りに


大手ブックストアや、中古書店などを巡り
ひたすら買い漁っては読みふけっています。


昔、一時期、読書や映画にハマっていることが
あったのですが…


どうやら第二ターンが
自分の中で始まってきたようです。


歴史小説、科学、SF
ミステリー、サスペンスあたりが
自分の守備範囲なのですが


評判の良い、人気のある作家さんの文章は
出だしから引き込まれるというか


仕事あとの疲れた脳にもすんなり入ってくるという
不思議な体験、感動を覚えている毎日です。


どちらかというと自分は「何かを作る」とか
「生み出す」みたいな作業が好きなのですが


人が作ったものを愉しむことも
やっぱり充実感が得られるなあというのが
素直な気持ちです。


というわけで生徒の皆さん!
読書をしましょう(強引)!
カテゴリ:つぶやき
2024.05.31

緊張の場で、笑いそうになる現象


こんにちは、進学塾プログレスです。


「職員室で怖い先生の前に立たされて
他の先生たちの見守る中、叱られている状況」


想像したら…とても恐ろしいものです。


しかし、そんな状況にも関わらず
なんだか笑いそうになってしまうこと…
ありませんか?


まあ…無かったら無かったで良いのですが
経験したことがある人なら分かるハズです。


『笑ってはいけない』と


考えれば考えるほど、逆にどんどん
口角が上がってしまい、やがては
「ブフッ」と声が漏れてしまうことが…!


人間は極度の緊張の場に突然放り込まれると
そのストレスから緊張を和らげる為に
自然と笑ってしまうように出来ています。


脳がそういう命令を出しているので
実は仕方がないことなのです。


まあ…叱られている最中に
『大声で』しかも『腹を抱えて』笑いだしたら
流石に怒りを通り越して心配になるレベルですが…


そういうことなので
もしこれから説教をされているときに
緊張のあまりに笑みが零れてしまったなら


「めっちゃ緊張してるからです!すみません!」


と堂々と謝りましょう。許してもらえるはずです。
…多分。
カテゴリ:つぶやき
2024.05.27

花乃井中のテストは…難しい!!

こんにちは、進学塾プログレスです。


花乃井中のテストは、難しいです…!
点数を取れるところも用意されていますが


平均点プラス15~20点を取ることは出来ても
85点以上をサクサク量産することは困難です。


度数分布票を見ても
高得点者の分布は、学校の定期テストにしては
少なめのような気がします。


過去に塾に来ていた花乃井中の生徒の話で


「模擬テスト(五ツ木や進研)も定期テストも
難しさがあまり変わらん!!」


といった話が出てきたのは印象的でした笑。


普通は模擬テストの難易度の高さに
驚いたりするもんなのですが…。


5教科400点を安定して越えることが出来て
偏差値で60前後といったところでしょうか。


いずれにせよ、漠然と80点越え!とか
5教科400点越え!といった考えではなく


『平均点プラス〇点』


で結果を捉えていった方が
達成感は得られるのではないでしょうか。


ですので
特に花乃井中出身ではないご家庭、保護者の方は
『平均点よりどの程度上回ることが出来たか』で


お子様の頑張り度合いを測られたほうが
良いんじゃないかなと思います。


それにしても…定期テストの難易度は
もう少しだけ下げても良いんじゃないかなと…
個人的には考えています。
カテゴリ:つぶやき
2024.05.13

まずは自分から…!


こんにちは、進学塾プログレスです。


昔、上司の先生から聞いたお話。


『何かを他人に求めるなら、まずは自分から与えろ』


名言というか、仏教用語みたいな言葉ですが…(笑)。
具体的には


・信じてほしいなら、信じろ
・認めてほしいなら、認めろ
・褒めてほしいなら、褒めろ
・感謝してほしいなら、感謝しろ
・話を聞いてほしいなら、話を聞け


という内容。


『何かを求めるならば、自分がまず何かを差し出せ』


ということですね…。
中国の偉い人(老子という人)も昔、言ってました。


他人に何かを求めるならば
まずは自分が何かを与えるように
頑張ろう、という前向きな考え方です。


これ、勉強でも何にでも通じる大事な考え方だと
思っています。


何かに行き詰っている人の参考にでもなれば…!
カテゴリ:つぶやき

- CafeLog -