ブログ Blog

2022.08.17

明石家さんまさんの名言


こんにちは、進学塾プログレスです。

明石家さんまさん、知らない方はいないと思います。
どんな話でも拾うことが出来、話題を広げて皆を笑顔に出来る「トークの神様」のような人です。

ある日、娘のIMALUさんが中学生のとき、学校が面白くないと相談されたそうです。
その時にさんまさんは

「面白くなかったら自分が人を笑わせたらええねん」
「つまらないのを環境のせいにすな」

と笑い飛ばしたそうです。そして更に凄いのは、その後IMALUさんはその言葉通りに積極的に友達を作りにいき、人を笑わせたりして学生生活がとても楽しくなったと語っているところです。

さんまさんは数々の名言を残していらっしゃいますが、私は特にこのエピソードが大好きです。
何事も前向きにとらえ、周りのせいにせずに自分から変わっていく姿勢。

人の可能性を感じさせてくれるお話ですね。
カテゴリ:つぶやき
2022.08.16

セミの豆知識


こんにちは、進学塾プログレスです。

夏真っ盛りといった感じで、あちこちでセミが鳴いております。
今日はそんなセミにまつわる豆知識でも書いていこうと思います。


【セミはオスしか鳴かない】
これは有名なので知っている方も多いかもしれません。
オスは一生懸命鳴くことで、メスのセミに自分をアピールしているそうです。


【実は17年も地下で過ごすセミがいる】
セミが幼虫時代を地面の下で過ごすことも知っている人は多いでしょう。
しかし、17年も地面の下にいるのはすごいですね。アメリカに生息していて、その名も「ジュウシチネンゼミ」というそうです。そのままのネーミングですね!


【アリとキリギリスはもともとアリとセミ】
これは驚きですね。童話にあるアリとキリギリスですが、ヨーロッパではセミに馴染みがない為、キリギリスに改変されたそうです。


【セミの鳴き声は携帯電話(スマホ)を通らない】
通話機器というものは人の声が聴きやすい周波数のみを通すように作られています。セミの出す周波数は結構高いので、通話機器を通って聞こえてこないんですね。面白いです!


【死んだセミの見分け方】
ひっくり返っているセミに近寄ったら、急に飛び上がってきてビックリした!という経験はありませんか?そういうときは、ひっくり返っているセミの足を見ればOKです。
閉じていれば死んでいる、開いていればまだ生きている。
これは大体の昆虫に言えることですね。


いかかでしたでしょうか。明日から役立つ(?)豆知識のコーナーでした!それでは!
カテゴリ:つぶやき
2022.08.14

勉強あるある話


こんにちは、進学塾プログレスです。

ふと学生時代のことを思い出したので、唐突に書いていこうと思います。
きっと誰もが経験したことがあるような現象ではないでしょうか。



【クラスで賢い人が勉強の仕方を話始めると静かになる】
休み時間にも関わらず、割と皆騒いでいたのにも関わらず、だれもが認める「賢いA君」が勉強やテストのことについて話始めると、その途端にシ―ン…となる現象。

やっぱり皆聞きたいんですよね、賢い人の勉強トーク!



【なんか友達の持ってる参考書の方が良さそうに見える】
「いや~、この参考書本当に使いやすいなあ!流石自分で厳選しただけのことはあるな!」と思っていても、ふと友人の使っている参考書を見たときに…

「あれ?めっちゃ見やすいし分かり易いぞ…」と、隣の芝生が青く見える現象。



【テストで悩んだ選択肢、結局変更しない方が正解】
よくよく考えたら正しいのはこっち!と後から選んだ方が大体間違いなんですよね。自分の中ではテスト七不思議です。



【勉強し過ぎて(追い込まれ過ぎて)、未来の青いタヌキの助けを真剣に願うようになる】
の〇太くんが羨ましい!暗記パンが欲しい!



如何でしたでしょうか。皆さんはいくつ当てはまりましたか?
カテゴリ:つぶやき
2022.08.04

カラスはすごく賢い


こんにちは、進学塾プログレスです。

たまにゴミ捨て場なんかにとてつもなく大きいカラスがいますよね。見つけたら思わずビクっとしてしまいます。

ここで突然の注意事項ですが、カラスには絶対にイタズラをしてはいけません!
なぜならカラスはとても知能が高く、自分にイタズラをした相手を覚えることもあるからです!

中には1年間も記憶を維持するようなカラスもいるそうで、生き物の知能と脳の大きさは関係ない、という研究もあるそうです。

まあでも、昔ウチの母親はゴミを捨てにいった際に、何の前触れもなくカラスの襲撃を受けたそうなんですけどね…。何をやらかしたのでしょうか。
カテゴリ:つぶやき
2022.08.03

シンガポールは年中夏の国


こんにちは、進学塾プログレスです。

実は私、小学生の間は親の仕事の関係でずっとシンガポールに住んでおりました。なので一応帰国子女です。

シンガポールは赤道直下の国なので、一年中夏です!年間の平均気温は30℃です!
居住区には大体プールが併設されていることが多く、時期に関係なくプールに入ることも普通です。

また小学校は日本人学校があるので授業は日本語で受けられたのですが、一歩外に出ると全部英語です!お買い物、バス、地下鉄、etc…それはもう大変でした。


初めてシンガポールに到着し『晩御飯は何を食べようか』という話になったとき、私が「マクドナルド」を主張し、家族が驚愕したことは今でも覚えています(初めて海外に来た最初の食事を…という意味で)。

それから数年後、帰国した際に日本のみのマクドナルドのメニューがあったことは昨日のことのように覚えています。…そう、テリヤキマックバーガーです。

日本に帰ってから、テリヤキバーガーを初めて食べたときの感動は忘れられません。
帰国して良かったな、と。

今回のお話では全くシンガポールの魅力はお伝え出来ていないと思いますが、また機会があればシンガポールに行ってみたいですね!
カテゴリ:つぶやき

- CafeLog -